2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年の上演記録

←←←2019年の公演予定はこちらからご覧になれます。

2012年

本公演
第53回公演

芝居二態
落語芝居+漫才芝居

<落語芝居>
構成・演出■大谷美智浩

<漫才芝居>
脚本■藤田傳/石川守哉
演出■藤田傳

2012年
2月21日(火)
 〜26日(日)

俳優座劇場

第54回公演

ボクゼン
 映画「どん底」より

脚本■大谷美智浩
演出■山本隆世

2012年
8月29日(水)
〜9月2日(日)

東京両国シアターX

第55回公演

藤田傳脚色
 白浪五人女

作■河竹黙阿弥
脚色・演出■藤田傳

2012年
12月5日(水)
 〜9日(日)

紀伊國屋サザンシアター

→写真帖

旅公演
演鑑公演
〈長野演鑑連〉
まつもと市民劇場
伊那市民劇場
長野市民劇場
上田市民劇場
すわ湖市民劇場
いいだ市民劇場
北アルプス市民劇場
長岡市民劇場

素劇 あゝ東京行進曲

原作■結城亮一
脚本■藤田傳
演出■関矢幸雄

1月12日(木)〜14日(土)
 まつもと市民芸術館・
      実験劇場
1月17日(火)18日(水)
 伊那文化会館・小ホール
1月19日(木)
 ホクト文化ホール・中ホール
1月20日(金)・21日(土)
 上田市民会館
3月7日(水)
 下諏訪文化センター
3月8日(木)
 飯田文化会館
3月9日(金)
 大町市文化会館
3月10日(土)
 長岡リリックホール・
     コンサートホール
演鑑公演
〈北海道演鑑連〉
くしろ演劇みたい会
NPO法人
演劇鑑賞会北座
岩見沢演劇鑑賞会
旭川市民劇場
江別演劇鑑賞会
苫小牧演劇鑑賞会
函館演劇鑑賞会
落語芝居 芝浜 構成・演出■大谷美智浩 2012年
4月10日(火)・11日(水)
釧路市生涯学習センター・
      まなぼっと
4月13日(金)・14日(土)
 札幌道新ホール
4月15日(日)
 岩見沢市文化センター・
       中ホール
4月17日(火)〜20日(金)
 旭川市民文化会館・
        小ホール
4月21日(土)
 江別市民会館・大ホール
4月23日(月)
 苫小牧市民会館・大ホール
4月24日(火)・25日(水)
 函館芸術ホール
学校公演
高校公演
〈長野〉
中信地区高等学校
合同芸術鑑賞連絡会

素劇 あゝ東京行進曲

原作■結城亮一
脚本■藤田傳
演出■関矢幸雄

2012年
6月13日(火)
 塩尻レザンホール
6月14日(水)
 大町文化会館
6月20日(火)21日(水)
 まつもと市民芸術館
6月22日(木)
 木曽文化公園文化ホール
6月27日(火)
 上田市民会館
海外公演
ルーマニア/
モルドヴァ
公演

<ルーマニア>
 ティミショアラ
 ペトロシャニ
 アラド
 ヤシ
 ブカレスト

<モルドヴァ>
 キシニョフ

一人芝居「こい」
漫才芝居「バス停」

《一人芝居「こい」》
作■森山正行
演出■藤田傳

《漫才芝居「バス停」》
作・演出■藤田傳

翻訳■志賀重仁
演者■柴田義之
アラ・メンシェコヴァ

2012年
5月11日(金)
 ティミショアラ国立劇場
5月15日(火)
 ペトロシャニ
  ドラマチックシアター
5月18日(金)・20日(日)
 アラド国立劇場
5月22日(火)
 ヤシ国立劇場
5月27日(日)
 キシニョフ
  ルチャッファル劇場
5月29日(火)
 ブカレスト
  オデオン劇場

2013年

本公演
第56回公演

素劇 あゝ東京行進曲



“素”にして深く、“単”にして
彩かなハチマル渾身の舞台。久々
の東京公演お見逃しなく!

原作■結城亮一
脚本■藤田傳
演出■関矢幸雄

2013年
3月7日(木)
〜10日(日)
<公演終了致しました>

東京両国シアターX

→写真帖

第57回公演

下高井戸HTS スタジオ公演
資格ファイター

下高井戸アトリエが本格的に始
動。若手主体の無手勝流作品、残
暑の11日間公演。

原作■原宏一
脚本■則松徹/山本隆世
演出■山本隆世

2013年
9月13日(金)
〜9月23日(月)
<公演終了致しました>

下高井戸HTS

第58回公演

謎解き 河内十人斬り



河内音頭の名外題“河内十人斬
り”の謎を解く!? 和風音曲大好
き劇団ハチマルの根幹作!

原案■李 闘士男
脚本・演出■藤田傳

2013年
11月29日(金)
〜12月5日(木)
<公演終了致しました>

東京両国シアターX


旅公演
平塚公演
公益財団法人
平塚市文化スポーツ
まちづくり振興財団
素劇 あゝ東京行進曲

素劇 あゝ東京行進曲

原作■結城亮一
脚本■藤田傳
演出■関矢幸雄

2013年
3月3日(日)
<公演終了致しました>

平塚市中央公民館

演鑑公演
〈関越演鑑連〉
前橋労演
新潟演劇鑑賞会
高崎演劇鑑賞会
本庄虹の演劇鑑賞会
いせさき演劇鑑賞会
熊谷虹の演劇鑑賞会
深谷虹の演劇鑑賞会

謎解き 河内十人斬り

原案■李 闘士男
脚本・演出■藤田傳


2013年12月
7日(土)前橋、
9日(月)新潟
10日(火)高崎
11日(水)本庄
12日(木)伊勢崎
13日(金)熊谷
14日(土)深谷
<公演終了致しました>

チラシクリックすると
大きく表示されます。→

2014年

本公演
第59回公演

一人芝居 二本立て

「こい」 
作◎森山正行/出演◎柴田義之

「榎物語」
作◎永井荷風/出演◎山本隆世

演出■藤田傳

2014年
4月6日(日)
〜13日(日)

下高井戸 HTS

<公演終了致しました>

第60回公演

ー粕谷怪談ー
 贋作蘆花傳
かすやかいだん がんさくろかでん

「ああつらい!もう女なんぞに生まれはしませんよ!」
明治の大ベストセラー小説『不如帰(ほととぎす)』。作者・徳冨蘆花の、一大メロドラマの作者とはとても思えぬ、わがままと猜疑心、思い込みとコンプレックス、直情と劣情、義挙と奇行に溢れた喜劇的破天荒ぶりを描きながら、明治以後のニッポンそのものが抱えた矛盾をあぶり出す。

作・演出
■渡辺千明

2014年
12月3日(水)
〜7日(日)

東京両国
シアターX

<開演時間>
3日(水)…7時
4日(木)…2時/7時
5日(金)…7時
6日(土)…2時
7日(日)…2時

●前売…4500円
●当日…5000円
●学生・シニア(65歳以上)…3000円

11月10日
一般前売チケット発売

公演の詳細は
こちらのページを
ご覧ください

旅公演
〈東北演鑑連公演〉
須賀川演劇鑑賞会
いわき演劇鑑賞会
福島演劇鑑賞会
会津演劇鑑賞会
鶴岡市民劇場
盛岡演劇鑑賞会
郡山演劇鑑賞会
山形演劇鑑賞会
弘前市民劇場
十和田演劇鑑賞会
青森演劇鑑賞協会
八戸市民劇場
秋田演劇鑑賞会
仙台演劇鑑賞会

素劇 あゝ東京行進曲 原作■結城亮一
脚本■藤田傳
演出■関矢幸雄
2014年
7月15日(火) 
須賀川市文化センター
7月16日(水)17日(木)18日(金)
いわき芸術文化交流館アリオス
7月21日(月)22日(火)23日(水)
福島テルサFTホール
7月24日(木) 
會津風雅堂
7月27日(日) 
鶴岡市中央公民館
7月28日(月) 
岩手県民会館
7月29日(火) 
郡山市民文化センター
7月30日(水) 
山形市中央公民館
   ●
8月19日(火) 
弘前市民会館
8月20日(水) 
十和田市民文化センター
8月21日(木) 
青森市民ホール
8月22日(金)23日(土) 
八戸市公民館
8月24日(日) 
秋田市文化会館
8月26日(火)27日(水) 
イズミティ21
8月28日(木)〜31日(日)
仙台市民会館

<公演終了致しました>

平成26年度
文化庁戦略的芸術文化
創造推進事業

公益社団法人
日本劇団協議会
ステップアップ
プロジェクト

素劇 あゝ東京行進曲 原作■結城亮一
脚本■藤田傳
演出■関矢幸雄
《沖縄公演》
■伊是名島公演
9/12(金)19:00開演
伊是名村産業支援センター
■久米島公演
9/14(日)19:00開演
具志川農村環境改善センター
■渡嘉敷島公演
9/16(火)19:00開演
渡嘉敷村中央公民館
■竹富島公演
9/20(土)11:00開演
竹富島まちなみ館
■波照間島公演
9/21(日)19:00開演
9/22(月)19:00開演 
波照間農村集落センター
■西表島公演
9/24(水)19:00開演
西表島中野わいわいホール
■多良間島公演
9/29(月) 19:00開演
多良間小学校

竹富島公演のみ開演時間が異なります

<公演終了致しました>


※裏は共通

海外公演
モルドバ
 キシニョフ

ルーマニア
 バカウ
 ブカレスト

「藤田傳脚色 白浪五人女」

CELE 5 BANDITE

原作■河竹黙阿弥
「處女評判善悪鏡」
脚本■藤田傳
演出■藤田傳

2014年7月19日〜31日
5月25日(日)
モルドヴァ キシニョフ
ウジェーヌ イヨネスコ劇場

5月28日(水)
ルーマニア バカウ
バコヴィア劇場

5月31日(土)
ルーマニア ブカレスト
オデオン劇場

<公演終了致しました>

2015年

第61回公演
公演終了

短編東西

ーー熊/生きてゐる小平次

和洋混合、男二人に女一人、

一人二役の短編二本立て!

「熊」
作■アントン・チェーホフ

訳■牧原純

「生きてゐる小平次」
作 ■鈴木泉三郎

演出■山本隆世

出演■藤川一歩
   小出康統
   水井ちあき

2015年
6月5日(金)〜13日(土)
下高井戸HTS

6/5(金)…7:00
6/6(土)…2:00
6/7(日)…2:00
6/8(月)…2:00
6/9(火)…2:00
6/10(水)…7:00
6/11(木)…7:00
6/12(金)…7:00
6/13(土)…2:00

前売■3000円
当日■3300円
学生割引■2000円

5/7(木)予約受付開始

別冊はちまるVol.6
公演終了
落語芝居
一人酒盛

演目
「一人酒盛」
「代書屋」
「壺算」
「猫の皿」

構成・演出■
大谷美智浩

出演■
神原弘之
小出康統
上野裕子
山田ひとみ
大田怜治
光木麻美
木之村達也

美晴(客演)

2015年
7/24(金)・25(土)・26(日)

7/24(金)…14:00/19:30
7/25(土)…14:00/18:30
7/26(日)…14:00/18:30

下高井戸HTS

前売■2,500円
当日■3,000円
要予約制

7/1(水)予約受付開始

別冊はちまるVol.7
公演終了

カンバラヒロユキ企画

リターナルメモリーズ
〜記憶と心の間にあるものは〜

作・演出/ 難波一宏


出演:
 神原 弘之
 小出 康統
 山田ひとみ
 前屋 和喜
 大田 怜治
 神田 敦士(オフィスまとば)
 戸井田奈都子
 門間 洋
 佐藤 葵

2015年
8/21(金)・22(土)・23(日)

8/21(金)…14:00/19:00
8/22(土)…14:00/19:00
8/23(日)…14:00/19:00

下高井戸HTS

前売・当日共:2,500円
要予約制

2016年

本公演
第62回公演
素劇 楢山節考

山と山が連なって、どこまでも山ばかりである。この信州の山々の間にある村。その日、おりんは待っていた二つの声をきいたのである。

♪楢山祭りが三度来りゃよ
    栗の種から花が咲く

文芸評論家・正宗白鳥が“人類永遠の書のひとつ”とまで評した深沢七郎の小説『楢山節考』を、 “素劇”で舞台化。『あゝ東京行進曲』に続く、ハチマルの素劇。あふれる遊び心と
想像力豊かな舞台で、人が〈生きる〉ことを問いかける渾身作。

作 
■深沢七郎
構成・演出
■関矢幸雄

出演
■柴田義之
藤川一歩
山本隆世
翁長諭
木之村達也
小出康統
前屋和喜
大田怜治

上野裕子
光木麻美

水井ちあき(フリー)
星野有里(サムライプロモーション)

すだあきら(だるま座)

公演終了いたしました!

2016年
2月26日(金)〜3月13日(日)
下高井戸HTS

2/26(金)…19:00
2/27(土)…14:00
2/28(日)…14:00
2/29(月)…休演日
3/1(火)…19:00
3/2(水)…14:00
3/3(木)…19:00
3/4(金)…19:00
3/5(土)…14:00
3/6(日)…14:00
3/7(月)…休演日
3/8(火)…19:00
3/9(水)…14:00
3/10(木)…19:00
3/11(金)…19:00
3/12(土)…14:00
3/13(日)…14:00

前売■4,000円
当日■4,500円
学生/シニア(65歳以上)■2,500円

第63回公演


↑クリックで拡大↑

《藤田傳作品 連続公演》
日本土民考(1)
謎解き
河内十人斬り

明治26年5月25日深夜、河内平野を血で染める事件が起こった。人呼んで「河内十人斬り」。ところがこれが音頭にのると?男持つなら熊太郎弥五郎、十人殺して名を残す?の名調子。
はたして二人は凶悪犯かヒーローか? 商店街の音頭一座がヒト山当てようと挑み始めた河内十人斬りの新解釈! 三味線・太鼓・実演入りで河内音頭を再現しながら右往左往の珍解釈の果てにたどりつくのは…
劇作家・藤田傳90年書き下ろしのハチマルのアタリ狂言を、新演出で構築する藤田傳作品連続上演企画第一弾。
『幕末太陽傳』に次ぐ河本瑞貴演出。新・音頭取りに邦楽界より新内・鶴賀喜代寿郎。庶民芸能の息吹満載の、軽くて重い?社会派音曲芝居。

作■藤田傳
原案■李闘士男
演出■河本瑞貴

出演■
柴田義之
藤川一歩
山本隆世
翁長諭
木之村達也
神原弘之
小出康統
大田怜治

上野裕子
光木麻美

佐藤リョースケ(客演)

鶴賀喜代寿郎(客演)新内

公演終了いたしました!

2016年
11月23日(水)〜27日(日)

東京両国 シアターX

11/23(水)…3:00
   24(木)…2:00
   25(金)…7:00
   26(土)…2:00/7:00
   27(日)…3:00

日時指定/全席指定席

一般前売…4,000円  
一般当日…4,300円
シニア(65歳以上)/U25
…前売・当日共3,000円


10月24日(月)より
前売・予約開始

旅公演
演鑑公演
〈中国ブロック 
2016年7~8月例会〉

西大寺市民劇場
岡山市民劇場
倉敷演劇鑑賞会
〃 玉島事務所
いずも演劇鑑賞会
鳥取演劇鑑賞会
松江市民劇場
米子市民劇場
福山市民劇場
広島市民劇場
〃 安佐南事務所
周南市民劇場
児島演劇鑑賞会
柳井演劇鑑賞会

ええじゃないか

2006年7月東京公演、07年韓国ソウル・ミリャン公演、さらに08年ブラジル・10都市長期ロード公演を敢行。社会からはみ出した人間たちのむき出しの「生」と爆発的なエネルギーは、文化・言語を超え、ストレートに客席を魅了しました。

東京初演から10年。
時代が変わりつつある今、人間が生きること、生き抜くことを、再び灼熱のエネルギーで投げかけます。



↑クリックで拡大↑

原作■今村昌平
脚本■藤田 傳
演出■金 守珍
音楽■元 一

出演■
 柴田義之
 藤川一歩
 山本隆世
 翁長 諭
 木之村達也
 神原弘之
 小出康統
 前屋和喜
 大田怜治

 鶴賀喜代寿郎
 近童弐吉
 佐藤正行
 青木和宣
 梶あきお
 田部圭祐
 戸川 真
 神田敦士
 加藤亮介
  ★
 上野裕子
 光木麻美

 小谷佳加
 関根麻帆
 小野寺亜希子
 海老根寿代

公演終了いたしました!

■7/4(月)・5(火)
 西大寺公民館大ホール
■7/7(木)〜12(火)
 岡山市民文化ホール
■7/14 (木)〜16(土)
 倉敷市芸文館
■7/17(日)
 玉島文化センター
■7/19(火)
 いずも市民会館
■7/20(水)
 鳥取市民会館
■7/21(木)・22(金)
 島根県立会館中ホール
■7/23(土)
 米子市公会堂
■7/25(月)・26(火)
 広島県民文化センターふくやま
■7/27(水)・28(木)
 JMSアステールプラザ大ホール
■7/29(金)・30(土)
 安佐南区民文化センター
■7/31(日)
 周南市文化会館
■8/2(火)
 児島文化センター
■8/3(水)
 サンビーム柳井


2017年

本公演
第66回公演
深沢七郎 没後30年

平成29年度(第72回)
文化庁芸術祭参加公演

↑クリックで拡大↑

素劇すげき
楢山節考


人が " 生まれ、生きて、死ぬ "ことの意味、命あるものの在り方を問いかける深沢七郎の原作を、“素劇”なればこその魅力で構築した舞台。小劇場という舞台制約があった2016年版から、さらなる表現と創造性を求めて、劇場サイズで甦ります。
奇しくも本年2017年は深沢七郎没後30年。わけても1956年に発表され、文学界に衝撃をもたらした『楢山節考』は、現代の私たち日本人にとって、今改めて、人が生きる=営みの原点を見つめ直す重要な作品になるはずです。
加えて、演劇の原点にせまる“素劇”での表現を以って、本年平成29年度の文化庁芸術祭に参加します。

原作■深沢七郎
構成・演出■関矢幸雄

出演■
柴田義之
藤川一歩
山本隆世
翁長 諭
木之村達也
神原弘之 
小出康統 
大田怜治  
すだあきら

阿部壽美子
上野裕子
光木麻美
水井ちあき
関根麻帆

演出助手■河本瑞貴
美術■山本隆世
音響■齋藤美佐男
照明■増子顕一
衣裳■上野裕子
舞台監督■翁長諭
歌唱指導■平岩佐和子
写真■宮内勝

協力■
クイーンズアベニュー
オフィスまとば
オフィス樹
だるま座
ファーストピック
深沢七郎文学記念館

協賛■
株式会社アルファインテル
株式会社大五商会
浅井食品株式会社
シアターX提携公演

公演終了いたしました!

2017年
10月7日(土)〜15日(日)

東京両国 シアターX

10/7(土)……3:00
8(日)……3:00
9(月/祝)…3:00
10(火)……7:00
11(水)……7:00
12(木)……3:00
13(金)……7:00
14(土)……3:00
15(日)……3:00
★日時指定/全席指定
 開場は各開演の30分前

■料金
一般前売…4,000円
一般当日…4,500円
シニア(65歳以上)…2,500円
Uー25(25歳以下)…2,500円


前売・予約は
こちらからできます!

第65回公演

↑クリックで拡大↑

落語芝居 質屋蔵

2005 年『子別れ』に始まったハチマル落語芝 居。第 2 弾『芝浜』、第 3 弾『藪入り』、第4弾 『一人酒盛り』と打ち出しまして、今回は表題 『質屋蔵』を含む新作4本。
上方落語、江戸落語、現代アレンジ取り混ぜた “商人”たちの悲喜こもごも。GWの真っ只中、 落語噺で笑いの旅をお愉しみくださいませ!

〈演目〉
「煮売屋」
煮売屋に入ってきたのは、いささかとんちんか んなご婦人二人。店の婆さんも一筋縄ではいか ぬ曲者だったが...
「かぜうどん」
北風吹く日の夜鳴きうどん屋。こんな晩は早く 品切れ・店じまいをと思案するのだが、やって きたのは酔っ払い。
「火焔太鼓」
商売下手の道具屋の亭主。古い太鼓を仕入れて 女房に叱られる始末。そこへ現れたひとりのお 武家。「その太鼓を屋敷へ持ってまいれ」
「質屋蔵」
質屋の三番蔵には化け物が出る? 主人から 寝ずの番を言いつけられた番頭さん。喧嘩自慢 の熊五郎を助っ人に頼むのだが.

脚本・演出■
大谷美智浩

出演■
上野裕子
翁長 諭
木之村達也
神原弘之
小出康統
山田ひとみ
大田怜治

美晴
えびねひさよ
田上晃吉
参川剛史

公演終了いたしました!

2017 年
5月4日(木)~14 日(日)

下高井戸 HTSスタジオ
5/4(木)...7:00
  5(金)...3:00
  6(土)...3:00
 7(日)...3:00
  8(月) 休演日
 9(火)...7:00
 10(水)...7:00
 11(木)...3:00
  12(金)...7:00
 13(土)...3:00
 14(日)...3:00

★全席指定
※御観劇の日時をご予約ください

■料金(ワンドリンク付き)
 一般前売...3500 円
 一般当日...4000 円
 シニア(65 歳以上)...3000円
 Uー25(25 歳以下)...2500円
 夜割...2,800 円

第64回公演


↑クリックで拡大↑

《藤田傳作品 連続公演》
日本土民考(2)
口寄せ
六ヶ所からくり算用

" ドしがたいニッポン" を描き続けた藤田傳が、〈日本土民考〉と銘打って1990年に書き下ろしたシリーズ第1弾戯曲。
下北半島「むつ小川原開発」----熊笹だらけの極寒の荒地に突如途方もない値段がつき、まさに札束で思いっきり面を張られながら買収されていった六ヶ所村の土地。空前絶後の超巨大開発計画が踏みにじっていったものとは? イタコの口寄せにのせて甦る国策に振り回され続けた土地と人々の歴史。今なお続く六ヶ所村の悲劇の原点ここにあり!
小狡く愚かでお人好し、ベテラン客演陣を招き、ドしがたい日本人の顔ぶれで、初演以来27年ぶりの再構築。翁長諭がハチマル作品初演出。

作■藤田傳
演出■翁長諭

出演■
柴田義之
藤川一歩
山本隆世
木之村達也
神原弘之
小出康統
大田怜治

上野裕子
光木麻美

永江智明
佐藤正行

三浦伸子
水井ちあき

公演終了いたしました!

2017年
3月17日(金)〜26日(日)

下高井戸 HTS

3/17(金)…7:00
  18(土)…3:00
  19(日)…3:00
  20(月/祝)…3:00
  21(火)…7:00
  22(水)…7:00
  23(木)…3:00
  24(金)…7:00
  25(土)…3:00
  26(日)…3:00

一般前売…3,500円
一般当日…4,000円
U-25割引…2,500円
(前売・当日共)

★要予約制/全自由席

旅公演
全国演鑑連
首都圏ブロック例会

所沢演劇をみる会
三多摩演劇をみる会 
NPO法人 ふなばし演劇鑑賞会
NPO法人 ちば演劇を見る会
ねりま演劇を観る会
演劇をみる会「あさかわ」
城北演劇を観る会
埼玉市民劇場
板橋演劇鑑賞会
町田演劇鑑賞会
松戸演劇鑑賞会
NPO法人 大宮演劇鑑賞会
(公演日程順)

↑クリックで拡大↑

謎解き
河内十人斬り

 ♪エ〜さても一座のみなさまへ〜
三味線・太鼓にエレキギター、大音声で一節まわせば老若男女の輪が踊る! ナニワの夏には欠かせない盆踊りミュージック〈河内音頭〉。中でも、明治26年5月25日深夜に大阪南河内郡赤坂水分村で起きた一家十人殺害事件を詠んだ実録モノ「河内十人斬り」は、河内音頭のスタンダードナンバーとも呼ぶべき名外題。

 ♪魂弔う村人は 
河内音頭に供養を込めて 
男持つなら熊太郎弥五郎、
十人殺して名を残す
意地と度胸とソウルフルなその名調子の裏に隠された意外な真相とは?

物語は、河内音頭大好きの商店街の面々が、ヒト山当てようと挑みはじめた名外題「河内十人斬り」の新解釈。唄入り曲入り実演入りで音頭の文句を再現しながら、右往左往の珍解釈の果てにたどりつくのは__!?

河内音頭満載でお送りする、和風音曲ドタバタ推理劇。

原案■李闘士男
作■藤田 傳
演出■河本瑞貴

装置/衣裳■佐々波雅子
照明■宮永綾香
音響■齋藤美佐男
三味線指導■鶴賀喜代寿郎
歌唱指導■平岩佐和子
写真■宮内勝
舞台監督■高木宏道

出演■
柴田義之
藤川一歩
山本隆世
翁長諭
木之村達也
神原弘之
小出康統
大田怜治
  
上野裕子
光木麻美 
 
佐藤リョースケ
 
鶴賀喜代寿郎(新内)

公演終了いたしました!

《公演日程》
■所沢市民文化センター
…7/7(金) 18:30
■昭島市民会館
…7/10(月) 18:30
■船橋市民文化ホール 
…7/11(火) 19:00
…7/12(水) 13:30/19:00
…7/13(木) 13:30
…7/14(金) 13:30
■四街道市文化センター
…7/16(日) 14:30
■千葉市民会館
…7/18(火) 19:00
…7/19(水) 14:00
…7/20(木) 13:30
…7/21(金) 12:30
■練馬文化センター(小)
…7/25(火) 18:30
…7/26(水) 13:00
■八王子いちょうホール
…7/27(木) 18:30
…7/28(金) 13:30
■赤羽会館 講堂
…7/29(土) 16:30
■埼玉会館
…7/30(日) 15:30
…7/31(月) 13:30
■板橋区立文化会館
…8/3(木) 18:30
■町田市民ホール
…8/5(土) 16:30
■松戸市民会館
…8/6(日) 14:30
■響の森桶川市民ホール
…8/9(水) 14:30
■市民会館おおみや
…8/10(木) 14:30
…8/11(金) 13:00

2018年

本公演
第67回公演


↑クリックで拡大↑

詳細ページはこちら

解体 死霊解脱物語聞書
かさねましん
累麻疹

江戸時代に最も有名だった怪談は「四谷怪談」でも「皿屋敷」でもなく、「累が淵」で知られる「死霊解脱物語聞書」だった!
江戸時代の初め、関東平野の鬼怒川べりで起った殺人事件に端を発する奇怪な憑依事件。
≪下総国岡田郡羽生村の農民・与右衛門の娘、菊に先母・累(かさね)の霊が憑りついた。≫歌舞伎、浄瑠璃、読本、落語など、古今東西の物語の元となった『累説話』とは?!

作・演出■山本隆世

出演■
上野裕子
大田怜治
神原弘之
木之村達也 
藤川一歩
 *
西村由花
佐々木仁
長倉正明
井上 孟
 *
永江智明
坂本健

演出助手■高木宏道
装置・衣裳■佐々波雅子
照明■増子顕一
音響■齋藤美佐男
舞台監督■翁長 諭
殺陣指導■佐藤正行
写真■宮内 勝
制作■上野裕子
協力■
(株)HTS
(株)ステージ・ライティング・スタッフ
(株)東京演劇音響研究所
平岩佐和子
クィーンズアベニュー
オフィスまとば
岩淵ぐるうぷ
ぽこぽこクラブ

<< 無事終演しました >>

2018年
10月8日(月・祝)〜14日(日)

下高井戸 HTSスタジオ

10/8(月・祝)…14:00
9(火)…19:00
10(水)…14:00/19:00
11(木)…14:00
12(金)…19:00
13(土)…14:00/19:00
14(日)…14:00

■料金(全席指定)
前売…3,000円
当日…3,500円
夜割…2,500円
初日割…2,000円

開場は各開演の30分前

旅公演
全国演鑑連公演

東北ブロック例会
福島演劇鑑賞会
会津演劇鑑賞会
いわき演劇鑑賞会
郡山演劇鑑賞会
秋田演劇鑑賞会
鶴岡市民劇場
盛岡演劇鑑賞会
仙台演劇鑑賞会
弘前市民劇場
青森演劇鑑賞協会
八戸市民劇場
(公演日程順)

関越ブロック例会
高崎演劇鑑賞会
深谷虹の演劇鑑賞会
いせさき演劇鑑賞会
本庄虹の演劇鑑賞会
前橋演劇鑑賞会
新潟演劇鑑賞会

近畿ブロック例会
姫路市民劇場
神戸演劇鑑賞会
京都演劇鑑賞会
岸貝演劇鑑賞会
奈良演劇鑑賞会
ひこね演劇鑑賞会
紀北演劇鑑賞会
泉南演劇鑑賞会
和歌山演劇鑑賞会

素劇すげき
楢山節考

原作■深沢七郎
構成・演出■関矢幸雄

人が " 生まれ、生きて、死ぬ "ことの意味、命あるものの在り方を問いかける深沢七郎の原作を、" 素劇 "なればこその魅力で構築した舞台。
黒一色の空間に、黒い箱と白い紐。『あゝ東京行進曲』に続く " 素劇 " の舞台は、豊かな遊び心で次々と場面を生み出しながら、想像力の中に色鮮やかな楢山の景色を浮かび上がらせます。
1956年に発表され、文学界に衝撃をもたらした『楢山節考』は、現代の私たち日本人にとって、今改めて、人が生きる=営みの原点を見つめ直す舞台になるはずです。

出演■
柴田義之      上野裕子
藤川一歩      光木麻美
山本隆世     水井ちあき
翁長 諭       関根麻帆
木之村達也    丹由美子
神原弘之 
小出康統 
大田怜治  
栗栖裕之
すだあきら

<< 無事終演しました >>

《公演日程》

【東北ブロック】
■福島公会堂
…3/25(日)・26(月)
■會津風雅堂
…3/27(火)
■いわき芸術文化交流会館 アリオス 
…3/29(木)・30(金)
■郡山市民文化センター 中ホール
…3/31(土)
■秋田市文化会館
…4/2(月)
■鶴岡市中央公民館
…4/3(火)
■盛岡市民文化ホール
…4/4(水)
■トークネットホール仙台 大ホール
…4/5(木)・6(金)・7(土)・8(日)
■弘前市民会館
…4/10(火)
■青森市民ホール
…4/11(水)
■八戸公民館
…4/12(木)・13(金)

【関越ブロック】
■高崎市文化会館
…6/22(金)
■深谷市民文化会館
…6/23(土)
■伊勢崎市文化会館
…6/25(月)
■本庄市民文化会館
…6/26(火)
■昌賢学園まえばし小ホール
(前橋市民文化会館)
…6/27(水)
■新潟市音楽文化会館
…6/28(木)

【近畿ブロック】
■姫路市市民会館 大ホール
…7/16(月)
■神戸文化ホール
…7/19(木)・20(金)・21(土)
■京都府立文化芸術会館
…7/22(日)・23(月)
■貝塚市民文化会館 コスモスシアター
…8/18(土)
■DMG MORI やまと郡山城ホール
…8/19(日)・20(月)
■ひこね市文化プラザ グランドホール
…8/21(火)
■紀の川市粉河ふるさとセンター
…8/22(水)
■阪南市立文化センター サラダホール
…8/23(木)
■和歌山市民会館 小ホール
…8/24(金)・25(土)・26(日)

劇団1980『素劇 楢山節考』欧州公演

<< 無事終演しました >>

Theatre Company 1980's
"SUGEKI NARAYAMA BUSHIKO" Europe Tour

詳細はこちらのポスターをクリック→

←←←2019年の公演予定はこちらからご覧になれます。